仕事で家に不在の家庭でもできる!トイレのしつけの方法

トイレのしつけについては、お仕事の都合で犬に留守番をさせなくてはならないこともあると思います。そのようなときのやり方をお話ししましょう。

まず、トイレのしつけのできていない犬を、留守中に部屋で自由に動けるようにさせておくことは避けてください。しつけ不能で収拾がつかなくなってしまいます。犬を庭に放しておくときの、庭でのトイレの場所を決めるのかどうかは各ご家庭のご判断でかまいません。

さて、最初にサークルを用意します。サークルは、中に犬のベッドを置き、それ以外の場所にはトイレシートを敷き詰めておける大きさのものにしてください。サークルの中に入れるベッドは、犬が気に入っている普段使いのものにします。

犬がサークルの中での生活に慣れやすいように、餌容器を常時サークルの中に入れておき、そこで餌を食べさせるとよいでしょう。お水の入った容器も入れておきます。犬が大好きなおもちゃも忘れずに入れておいてあげてください。

犬は自分のベッドでは排泄をしませんから、この形での空間では、犬は自ずとトイレシートの上で排泄をするようになります。自分の排泄物のにおいもつきます。それによって、犬は「トイレシート=自分のトイレ」と認識するようになります。

ただ、トイレがベッド以外のサークルの中全部だというのも不便ですし、使用するトイレシートも多量になってしまって費用がかさみますから、犬が「トイレシート=自分のトイレ」だとはっきり決めてくれた段階で、今度はトイレシートを敷く範囲を少しずつ狭くしていきます。最終的には、犬の体の大きさに合った犬用トイレにトイレシートを敷いて使えるようになったらいいでしょう。

また、犬と一緒にいられるときには犬を部屋に放しておき、トイレのタイミングをみてトイレに連れて行き、トイレで排泄させるという方法を併用します。そして、サークルから出ているときでも、犬が自分からトイレに行くようにしていきます。犬が上手にできたときは、ほめてあげることを忘れないでください。

以上のやり方で、不在がちのご家庭でもトイレのしつけを成功させることができるでしょう。トイレのしつけが完了したあとは、ベッドとトイレの入ったサークルを残しておいても(これがあると外出時や犬嫌いの来客があったときなどに役立ちます)、トイレだけその場に残していつでも使えるようにしておいても、どちらでもいいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ