飼い主に注目させるためのアイコンタクトトレーニング

犬に飼い主さんを注目させるアイコンタクトのトレーニングからスタートしましょう。飼い主さんが犬に指示して従わせるためには、犬が飼い主さんを見て集中してくれなくてはなりません。そのために、飼い主さんと犬のアイコンタクトが重要になってくるのです。

主従関係を作るための基礎となるアイコンタクト


アイコンタクトのしかたですが、まず、飼い主さんが犬の名を呼びます。犬が飼い主さんのほうを見たら、飼い主さんは喜ぶそぶりをみせてほめてあげてください。最初は、おやつを用意して、飼い主さんと犬の視線がぶつかるようにおやつで犬の注意をひいてみましょう。そして、目と目が合ったらほめておやつをあげます。

そして、徐々に、犬が飼い主さんに集中していられる時間をのばしていきます。

おやつについてですが、アイコンタクトが確実にできるようになるまでは、毎回与えてかまいません。しかし、その後は毎回与えるのではなく、少しずつ回数を減らしていきます。というのは、犬がおやつをもらえることに慣れてしまうと、“ごほうび”としての価値がなくなってしまうからです。また、おやつがもらえないときに指示に従わなくなってしまうことがあり、それを防ぐためにも回数を減らす必要があるのです。

まったくおやつの“ごほうび”をなくしてしまうのも、好ましくありません。「今回はとてもよくできたから、もらえるかな?」という犬の関心と期待を最大限に利用したいからです。最終的には、時々、犬が完璧に指示に従えたときなどにあげるようにするのがいいと思います。

なお、犬が、いつでも「名を呼ばれたときにはよいことが待っている」と期待に胸ふくらませて集中してくれなくては意味ありません。そのため、犬を叱るときには名前を呼ばないようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ