3つのステップで簡単!足側歩行の教えたか

犬にとって重要な日課のひとつである散歩。それは、同時に、犬が外の世界と接することになるため、飼い主さんと犬にとって社会の一員としての責任が生じるということでもあります。犬には、きちんと散歩のしつけをしてマナーを身につけさせ、犬と一緒の生活をいっそう楽しめるようにしておきましょう。

PART1 散歩に最適-脚側歩行

脚側歩行とは、飼い主の左横に犬がぴったりとつき歩調を合わせて歩くことです。

脚側歩行を覚えさせると、犬はリードの存在も忘れる。また、事故などからも守られる。


犬がたえず飼い主のことに気を配り心を合わせて一緒に歩けるようになるので、お互いの一体感もひとしお。決まりに従ってリードをつけていても、リードを使う必要性がないわけですから、リードの存在を忘れていられます。

また、犬が勝手な動きをしなくなるので、外での危険から身を守ることができるという利点があります。

たとえば、リードをつけての散歩においても、脚側歩行のしつけができていないと安全とは言い切れないのです。犬が道路の反対側にいる犬を見つけて突然道路に飛び出し、運悪く通りかかった自動車にはねられてしまったり、犬が悪いものを拾い食いして病気になったり命を落としてしまったりという事故も後を絶ちません。犬に脚側歩行を覚えさせるというのは、そういう悲劇から犬を守るということでもあるのです。

中でも大型犬はリードを引く力が強いですから、力では人間が負けてしまうことがあります。とっさのコントロールも効きません。脚側歩行によって、犬の注意がいつも飼い主に向いているようにしておき、また、何かあった場合は即座に飼い主の指示に従わせることができるようにしてきましょう。


①飼い主の左側につけるように

最初は、簡単すぎるかと思われることろからやってみましょう。一緒に歩くというのではなく、犬が「飼い主の左につくことが普通で自然だ」と認識できるようにすることを目標にします。

まず、犬をリードにつなぎ、犬も飼い主も立った姿勢でいます。このとき飼い主はリードを左手で持ち、右手に持ったおやつを犬に見せて犬の注意を引きつけます。おやつの代わりに、犬の好きなおもちゃを用いてもかまいません。アイコンタクトも忘れずに

犬を、リード及びおやつかおもちゃで誘導し、「つけ」という声をかけながらうまく飼い主の左脚の横につかせます。横につくことができたら「すわれ」と指示し、できたらほめてあげます。

何日間かかけて何回もこの練習をし、犬が自然に飼い主の左側につくことになじむようにします。その後、「つけ」というときに飼い主が自分の左腿を叩いて見せ、おやつなしでリードだけを使って同じことができるようにします。


②塀を利用して脚側歩行の練習を

リードにつないだ犬が飼い主さんの左側につくことができた状態から始めます。

家の中だったら壁沿い、外だったら塀沿いに歩いてみましょう。

壁や塀を利用することで、犬が横にずれない歩きを覚える


飼い主と壁、あるいは塀との間を犬が歩くようにし、自ずと犬が横にずれないようにするのです。最初はおやつを見せるなどして犬を誘導し、一緒に数メートルをまっすぐに歩けたらほめてあげます。そして、次第に長く歩けるようにしていきます。

もし犬が飼い主よりも先に進んでしまったら、「つけ」と言いながら飼い主さんが自分の太腿を叩いてみせ、リードで引き戻して再び一緒に歩くようにします。間違っても、飼い主さんが犬に追いつこうとしてはなりません。犬が「自分の意思で先に進んでいいのだ」と勘違いしてしまうからです。

なお、この練習をするとき、飼い主はリードの握り手部分(輪になったところ)を右手に持ち、リードの中ほどの適切なところに軽く左手を添えます。リードはゆるめにしておきます。

以上の形が、散歩のときのリードの持ち方の基本だということも覚えておいてください。この形をとっていると、いつどんなときにも、犬のすぐ横に位置する左手の細かい動きとリードを一体化させることで、リードを使って犬に飼い主の意思を伝えやすいのです。右手はそういう細かい動きをしない代わりに、いざというときにもリードが外れないように、しっかりと握り手をつかんでおきましょう。

ただ、飼い主さんの持ちやすいリードの持ち方であってかまわないので、リードの持ち方をそう厳密に考える必要はありません。どのリードの持ち方の場合でも、リードの握り手部分はしっかりと握るようにし、絶対に手から離れないようにしておくことは最低限必要です。


③完全な脚側歩行を目指して

塀に沿って歩くことが上手にできるようになったら、塀なしでもきちんと歩けるようにしていきましょう。同じようにやっていけばいいのです。

次第に、ただ歩くだけでなく、飼い主が止まったら犬も同時に止まれるようにし、うまくできたらほめてあげます。飼い主が止まっても犬が気づかずに進んでしまったら、「いけない」と注意し、太腿を叩きながら「つけ」と指示します。

曲がり角を曲がるときやUターンするときにも、歩調を合わせられるように練習しておきましょう。曲がり角やUターンの場合、犬が外側を歩いていたら少し急がなくてはならないですし、内側を歩いていたらスピードを抑えなくては飼い主をうまく歩調が合わないからです。

最初はおやつやおもちゃを見せながらリードで調節しつつ同じ速度で曲がれるように練習し、次第に何もなくても合わせられるようにしていきましょう。

なお、この脚側歩行というのは、先ほども述べましたが、犬が飼い主に絶えず注意を向けておくということがうまくできる前提なのです。なにげない散歩をしながらでも、愛犬とのアイコンタクトにはいつも心がけておきましょう。「飼い主さんとのアイコンタクトができたら、それだけでとてもうれしい」という犬になってくれるといいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ