あまがみが好きな理由は?子犬はじゃれあいながら許されない噛み方のルールを学んでいる

犬の鋭い歯と強い顎は、犬を“凶器”にも変えうるものです。子犬が“あまがみ”をしている頃からのしつけが、深刻なトラブルに直結する咬み癖をつけないために重要になってきます。

子犬というというものは“あまがみ”が大好きです。人が手を出せば“あまがみ”をしてきますし、兄弟犬や他の子犬がいれば、じゃれて転がったりしながら“あまがみ”をし合って遊びます。この遊びを通じて、子犬は、「咬まれると痛い」ということや「こういう強い咬み方は、相手犬が許さない」ということなどを学習していくのです。母親犬も、犬の世界のルールのひとつとして、許されない咬み方を教えてくれるでしょう。

ところが現代では、母親犬や兄弟犬と一緒に過ごすことで社会化をはかっていく必要がある時期に、突然引き離されペットショップの店頭で販売されている子犬が多いのです。しかも、多くのペットショップでは、こうして母親犬や兄弟犬と引き離された子犬を、ケージの中でひとりぼっちにさせています。ケージの中でひとりぼっちというのは、感染症を防ぐために必要なことではあるのですが。

そういう子犬は、母親犬に犬としてやっていいこと悪いことを教えてもらうこともなく、兄弟犬とのじゃれあいやケンカから、あまがみや咬みつきの痛さや、それをやっていい程度を身をもって学ぶことができないのです。

となると、飼い主が、咬んでよいものや咬んでよい強さの程度を教えていかなくてはならないわけです。子犬が大きくなっていけば顎も強くなり、そのままでも咬む力が強くなっていきます。それを放っておくと、咬みつき事故に発展する場合があるばかりか、犬が自分が強いという錯覚に陥り、飼い主の言うことを聞かなくなってしまう恐れもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ