犬の行動範囲が広がる!「ふせ」の教え方

「ふせ」を教えなくても、犬はよくこの姿勢を好んでとっています。両方の前足を前に出して、おなかを床につけている姿勢です。日頃から、犬がその姿勢をとっているのに気づいたら、近づいて「ふせ」と声をかけて「よし、よし」と脇腹を軽くたたいたり、なでてあげたりしておくと、犬は何となく「ふせ」というものを理解してくることでしょう。

次の段階では、飼い主が床に座った姿勢で片膝を立てるようにします。犬におやつを見せ、おやつで誘導しながら足の下をくぐらせます。

犬の好物で誘導しながら、足の下をくぐらせる


犬が自ずと「ふせ」の姿勢になったときに「ふせ」と声をかけておやつをあげ、ほめてあげます。これを数日間かけて、一回に何回か繰り返します。

さらに、今度は足の下をくぐらせないでも「ふせ」ができるようにしていきます。最初に「すわれ」と指示します。次に犬におやつを見せます。そして、「ふせ」と言いながらおやつを持つ手を下にさげていきます。犬のおなかが床について「ふせ」の姿勢になったら、おやつを食べさせてほめてあげます。

もし、このやり方で犬が「ふせ」をすることができなかったら、「ふせ」といいながら左手で犬の体を押して「ふせ」の姿勢にもっていき、できたらすかさずおやつをあげ、ほめてあげます。

「ふせ」も、次第におやつなしでできるようにしていかねばなりません。おやつを使っての「ふせ」を完全にマスターすることができたら、おやつを見せないで、立てた人差し指で床を指して犬に見せ、同時に「ふせ」と声をかけるようにします。できたら、おやつを出してあげてください。徐々に、おやつがまったくない状態でも、即座に指示に従えるようにしていきます。

最初は「すわれ」の姿勢から「ふせ」になるようにし向けましたが、犬が理解できたら、立った姿勢から直接「ふせ」でもかまいません

立った姿勢からふせをさせる


また、「すわれ」から「まて」の練習をしたときと同じやり方で、「ふせ」から「まて」、そして「よし」という許可がでるまで「ふせ」の姿勢のままで待てるようにしていきます。

これがマスターできると、「まて」のところでお話ししたように、飼い主がお店に入るときに犬を外で待たせておいたり、犬同伴OKのカフェで犬をテーブルの下で待たせておいたりするときなどに役立ち、行動範囲が広がります。教える余裕があったら、「ふせ」をさらに崩して楽な姿勢をとってよい「やすめ」も教えてあげたらいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ