子犬の時に独占欲を弱める訓練をしよう

よく「餌を食べている犬に近づいてはいけない」といわれます。犬が自分の餌をとられると感じて、威嚇したり咬みついたりする危険があるからです。おもちゃなど、犬のお気に入りのものも同じです。実際、うなられたり咬みつかれたりした経験のある人もいらっしゃることでしょう。

このように、自分にとって大切なものを力づくでも確保するというのも、犬の習性のひとつです。人間を敵視せず、素直に言うことを聞く犬にするためには、この習性を弱めておかなくてはなりません。

そのためにはどうしたらいいかというと、「餌もおもちゃも飼い主のものであり、飼い主が犬に与えることができるのだ」という認識を犬に根づかせたらいいのです。

子犬だったら、餌を飼い主の手で食べさせることから始めてください。最初は指でつまんで与え、さらに手のひらにのせて与えるようにしていきます。そして、次の段階で餌を食器に入れて与えるようになったら、犬が食べている間、指を食器のすみに入れておいてください。これは、「この餌は飼い主のものだ」ということを犬に示すとともに、犬の独占欲を弱めるためのものです。さらに、食べている途中で食器を取り上げられても、犬が平気でいられるようにします。いったん取り上げて、犬の大好きなものを少し加え、すぐに戻してあげたら犬が安心して慣れていくことでしょう。

おもちゃの場合は、飼い主さんが犬に渡してあげるということを繰り返してください。そして、渡してあげたなら、それをもらった犬と一緒に遊んであげるということで、独占欲を弱めていけばいいかと思います。独占しているよりも一緒に遊ぶ方が楽しかったら、犬のほうから「このおもちゃで一緒に遊んでほしい」と望むようになるものです。「もってこい遊び」「ひっぱりっこ」など、犬が大好きな遊びはいろいろあります。

一緒に遊ぶことで、独占欲を弱めることができる

遊びの最後は、飼い主さんがおもちゃを取り上げて終了ということにします。犬が物足りなく感じる程度で楽しい遊びを切り上げるのが、コツです。あくまでも主導権は飼い主さんが持つようにしてください。

成犬の場合は、独占欲と独占のための威嚇や攻撃の度合いが犬によって大きく違うので、その犬の程度に合わせながら、根気よく慎重に、「餌もおもちゃも飼い主のものであり、飼い主が犬に与えることができるのだ」という認識を犬に根づかせていけるようにしてみてください。具体的はやり方は子犬の場合と同じです。が、食べ物を指でつまんで与えるとき、犬のほうが慣れていないと指も一緒に咬んでしまうので、十分に気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ