犬の世界には階級順位がある

犬は、人間と同様に社会性のある動物です。そのため、群れをなして生活をするという習性があります。本能的に、群れの中でリーダーを筆頭とする全メンバーの順位づけをします。

自分が群れの中でどの順位に位置しているかということにも極めて敏感であり、順位を正確に判断します。また、この順位づけは、公園に集まる犬仲間や散歩の途中で出会った犬同士などにも適応されます。

つまり、犬の世界では、どこに行っても階級順位があると言えるのです。できるだけ上の順位を獲得しようという欲求も持ち続けています。

また、群れはリーダーを中心にまとまっていますから、リーダーは絶対的な存在であり、その他の犬はリーダーに従うことになります。こういう習性があるがゆえに、信頼できるリーダー中心にまとまるということは、犬の心身の安定や秩序をもたらすがゆえに、犬にとってもしあわせな状態だと言えるでしょう。逆にいえば、群れの中で確たる秩序がないと犬は混乱して不安定になってしまいます。また、群れから外されることを非常に恐れます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ