暑い季節の過ごさせ方、注意すべきことを教えて

Q:暑い季節の過ごさせ方、注意すべきことを教えてください。

A:わたしたち人間は、暑くなれば汗をかいて体温を調節することができますが、犬は汗をかくことができません。汗をかくことのできない犬は暑さが大の苦手。汗をかくかわりに犬は口を大きくあけて舌を出し、よだれをたらしながら「ハアハア…」と荒い呼吸をしているのです。そんな様子がひどく苦しそうに見えるときがありますよね。

そんな犬に対しては、暑さ対策を十分にしてあげてください。人間の赤ちゃんや幼児に対するのと同じように、犬も心細やかな配慮が必要なのです。

家の中では風通しがよいところに犬の居場所をつくってあげてください。外に出している犬の場合は、必ず日陰で風通しのよいところにいさせてあげましょう。気化熱で涼しくするタイプのマットなども市販されていますから、そういうものを利用して犬が体温を下げやすくしてあげるのも、安全で安上がりな方法です。もしも家の中があまりに高温になる可能性があるなら、人がいない留守番時であっても、クーラーをいれておいてあげる必要があります。ただし、犬の体にクーラーの風が直接あたらないようにします。

飲み水も新鮮なものを十分に用意して、いつでも飲めるようにしておいてあげます。

毎日の散歩も日ざかりは避けましょう。暑いのはもちろん、あまり外に出ない室内犬で足裏がやわらかいままの犬は、太陽にじりじりと熱せられたアスファルトによって足裏をやけどしてしまうことも。また、コーギーやダックスフンドのように脚の短い犬は、照り返しの影響がひときわ過酷です。人間が感じている以上の暑さの中に置かれていると考えてください。

気温と湿度が高い時間帯の激しい運動も避けるようにします。熱中症で倒れ、中には命を落としてしまう犬まで出てしまうのが、暑い季節の怖いところです。

夏の犬連れでのおでかけも頭の痛い問題です。自動車ででかけたときに、日中、犬を思わぬ高温になってしまう駐車中の車内に残しておくのは非常に危険です。サービスエリアで食事をするときには交代で犬をみておくなど、工夫をしてみてください。エンジンをかけてクーラーを入れたままにしておくのは防犯上の問題が派生してしまいますし、自動車の窓をあけておくのは犬が飛び出したり首を出したりする危険があります。窓をあけておくとしたら、犬の飛び出し防止用の格子を窓にはめておくようにします。

犬は大きな音に驚きやすいのですが、実際に起こってしまうまで意識されにくいのが、夕立の雷や花火の音に驚愕し、闇雲に走って逃げ出してしまう犬が案外多いということです。よって、気の毒な迷子犬が増えるのも夏。リードをしっかり握る習慣をつけておくとともに、犬には必ず迷子札をつけておきましょう。普段から、録音などを利用して、そういう類の音に慣れされておくのも有効です。

皮膚病にもかかりやすい時期ですので、シャンプーや毎日のブラッシングなどの手入れにも気をつかってあげてください。長毛種の犬は、短いサマーカットにしてあげてもいいでしょう。

言うまでもなく、蚊が媒介するフィラリアの予防にも心がけなくてはなりません。これは、犬の心臓に寄生虫が住みつく怖い病気なのですが、獣医さんの指導に従って予防薬をつかうことで防げます。

ノミやダニも、寄生されると、犬がかゆがってひっかいたり咬んだりするため皮膚炎を起こします。アレルギーを起こすこともありますし、他の寄生虫や細菌を媒介することもあります。愛犬と家族の快い生活のために、徹底的な駆除と予防に心がけましょう。

家の中は念入りにすみずみまで掃除し、駆除剤を併用するのがいいでしょう。駆除剤にはいろいろなタイプがあり犬によって適したものが違ってきます。獣医さんと相談してベストと思われるものを購入の上、使用してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ