「すわれ」「おすわり」を教える理由は何?どうやって教えればいいの?

いつでも飼い主の指示によって座ることができるようにします。これができるようになると、興奮をしずめて犬を落ち着かせるときなどに有効です。たとえば、散歩の途中で他の犬に吠えかかられて応戦してしまいそうになったとき、しばらく犬を座らせるということで興奮をしずめ、飼い主の指示に従わせることができるのです。それだけでなく、「すわれ」「おすわり」をマスターして日常生活に活用することで、性格的にも落ち着きのある犬にしていくことが可能です。

言葉は「すわれ」でも「おすわり」でもいいのですが、必ず家族全員が同じ言葉を使うように申し合わせてください。犬にとっての最初の学習となるので、犬が楽しく、遊び感覚でトレーニングできるように心がけましょう。犬がトレーニングを遊びの一種だととらえて喜んでくれれば、次の段階に入っても犬が積極的に喜んで学ぼうとしてくれます。

最初は、犬に餌をあげるときを利用して練習させます。飼い主は、餌の入った容器を右手で持ち、「すわれ」と声をかけながら上にあげていきます。すると、犬はつられて上に顔をあげていき、自然とおしりをついて座った姿勢になります。座ったら、「いい子、いい子」とか「よしよし」などと大げさなくらいほめてあげながら餌を与えます。

もし犬がおしりをつかなかったら、あいているもう一方の手で犬の腰を押して座らせてみてください。そのとき「すわれ」と声をかけ、犬が「すわれ」の意味を理解するようにします。犬が「すわれ」という指示語を完全に理解して従うようになったら、次は食器を持たずに犬を従わせられるようにしていきます。このとき、飼い主は「すわれ」と声で指示するのと同時に、人差し指を立てて犬の頭上にあげます


「すわれ」でも「おすわり」でもよいがが、必ず家族全員が同じ言葉を使うこと


犬が目でも指示を確認してそれに従えるように慣らしておくと、後々都合がよくなります。たとえば、電話中に犬を座らせておとなしく待たせたくなったとき、手で「すわれ」という合図を送ればいいというわけです。

食べ物をもらうときの「すわれ」は、わりと簡単に犬も覚えてくれると思います。しかし、いかに簡単だとはいえ、これはすべての訓練の基礎。犬が、たとえば朝晩の2回、「毎日、喜んでご主人さまの指示に従います!」と大好きな餌を目の前に、自らを確認する行為でもあるのです。よって、日によって「すわれ」を抜かしたりはしないでください。ちょっと抜かすだけでも犬は「自分が偉くなったから」と誤解しやすいのです。また、徹底的に<指示語⇒犬がすべき動作>を根づかせていかないと、犬の反応が鈍くなってしまったり消えてしまったりという心配もあります。

また、この「すわれ」は餌以外の日常生活でも応用し、いつでも飼い主が「すわれ」と指示したら即座に犬が従うようにしていきます。指示するときに、おやつを使うとよいでしょう。この場合は、最初は餌を与えるときと同様、おやつを見せて行います。次第におやつが見えないようにして犬に指示し、犬がそれに従ったら、おやつを出して与えるというようにしていってください。

次第におやつなしで「すわれ」ができるようにしていきます。「すわれ」ができたらほめてあげ、そのあとで遊んであげるという形にしていくのが望ましいと思います。何もなくても犬が喜んで従うようになります。

犬はほめられることが大好き。自信にもつながっていきますので、上手にできたときはたくさんほめてあげてください。ほめるときは、「いい子、いい子」「よし、よし」などと声をかけながら、脇腹を軽くたたくようにしてあげると犬が喜びます。

でも、ごほうびとして、ときどきはおやつを魔法のように取り出してあげましょう。このようにして犬を喜ばせ、しかもトレーニングで覚えたことがいっそう根づくようにしてあげられるのも、飼い主さんの特権でしょう。食いしん坊の犬ほどトレーニングが入りやすいと言われますが、確かにそうなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ